笠松将の演技は上手い、下手?岸辺露伴ではその筋肉がすごい!

笠松将の演技は上手い、下手?岸辺露伴ではその筋肉がすごい! エンタメ
Pocket

大河ドラマで活躍されていた笠松将さん。

笠松将さんの出演作品としては、日本テレビの「君と世界が終わる日に」など、これからの活躍が期待されている若手俳優さんです。

現在期待されている俳優さんだからこそ、演技は上手いのか、下手なのか気になりますよね。

また、年末放送予定の「岸辺露伴は動かない」(NHK)の役所も気になるところ!

ということで今回は、笠松将さんの演技は上手いのか下手なのか、「岸辺露伴は動かない」ではどんな役所なのかについて、調査して行きたいと思います!

 

笠松将の演技は上手い?下手?

 

まずはそもそも笠松将さんとはどのような俳優さんなのか、調べて行きましょう。

笠松将のプロフィール

  • 生年月日:1992年11月4日生まれ
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 所属事務所:ホリプロ
  • 身長:182cm
  • 血液型:B型
  • 特技:絵・料理
  • 備考:2011年に俳優を目指して上京。2013年から本格的に俳優活動を始める。

このくらいでしょうか。

なお、大手の事務所ですから、同じ事務所の先輩には竹内涼真さんや石原さとみさんなど、数多くの実力派俳優さんがいらっしゃいますね。

笠松将さんは高校卒業後、大学には進学せずに東京に上京。

俳優を目指すことを決められています。

元々高校2年生の時にスカウトされていた笠松将さん。

高校卒業後の進路について悩んでいた時に母親に相談したところ、「東京に4年間行って俳優でも目指してきたらどうか。」と言われたそうです。

東京にきてからはアルバイトをしつつ、エキストラに応募する毎日が続いたそうです。

そんな中、舞台出演のチャンスを掴み、それをきっかけに徐々に活躍の範囲を広げてきたんだとか。

所属事務所も、最初はトリプルエー、次に鈍牛倶楽部、そして現在のホリプロとすでに3社め何だとか。

特に、2社目の鈍牛倶楽部に所属して以降、ドラマや映画への出演が劇的に増えたそうですよ。

今後の活躍にも期待したいですね。

 

笠松将の演技は上手いの?それとも下手?

さて、さっそく笠松将さんの演技について調べて見たところ、演技が下手だという評価は見つかりませんでした。

直近では、吉沢亮さんが主演を務められたNHK大河ドラマ「晴天を突け」で主人公渋沢栄一の孫にあたる、渋沢敬三を演じられました。

このドラマでの演技がや役作りが素晴らしいとの評価が数多く見られました。

また、年末に放送される「岸辺露伴は動かない」にはランニングで体を鍛え続ける青年の役で出演予定。

役作りのためにも現在体を鍛えられているようで、ドラマの中でもその鍛え上げられた筋肉を披露しているようですよ。

 

岸辺露伴では笠松将の筋肉がすごい!

2021年の年末スペシャルドラマ「岸辺露伴は動かない」では、1話限りのゲスト(12月27日放送)として出演されます。

この中でランニングで体を鍛える橋本陽馬というやくで出演されるのですが、その時の筋肉がすごいんだとか。

というのも笠松将さんはサッカー歴10年。

その筋肉はもともとサッカーをする中でついたものですから、とてもバランスがいいのでしょうね。

身長182cmと長身で肩幅も広く、細身のため、その顔の小ささも際立ち、とてもかっこいいですよね。

 

ツイッターの声

 

 

 

 

やはり、NHK大河ドラマ「晴天を突け」での渋沢敬三役が皆さんの中でも印象が強いようですね。

ドラマの中での演技力の高さに関するツイートが数多く見られました。

 

まとめ

さて、ここまで笠松将さんについて調査してきました。

元々俳優になりたかったわけではないようですが、地道に努力を続けてきたことで現在の演技力が身についたんですね。

これまでも主役の俳優さんの身近な人の役など、その存在感を表してきている笠松将さん。

役作りのために体重を増やしたり筋トレをしたり、一生懸命役と向き合っている様子が伝わってきますね。

これからのより一層の活躍に期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました