安住紳一郎はTBSアナウンス部局長待遇で年収は?フリーにならない理由は?

安住紳一郎はTBSアナウンス部局長待遇で年収は?フリーにならない理由は? エンタメ
Pocket

安住紳一郎さんといえば、アナウンサーの中でも絶大な人気があり、TBSの顔。

そんな安住紳一郎さんですが、TBSのアナウンス部で局長待遇となっているとのニュースがありました。

また、これだけ人気があり、実力も伴ったアナウンサーだと噂されるのが、「フリーアナウンサーになるのでは?」という事ですよね。

安住紳一郎さんについても、ことあるごとにフリーになるのではないか、事務所は羽鳥慎一さんと同じか、などとたくさんの噂がありました。

そこで今回は、安住紳一郎さんのTBSアナウンス部で局長待遇というのは本当か、その年収、フリーにならないのは何故か、という点について調査していきたいと思います!

 

安住紳一郎はTBSアナウンス部局長待遇で年収は?

TBSのアナウンサーの中だけでなく、アナウンサー全体の中でも人気のある安住紳一郎さん。

安住紳一郎さんの現在の肩書きは、

「TBSテレビ総合編成本部 アナウンスセンター局長待遇エキスパート職 アナウンサー安住紳一郎」

だそう。

なんでも、2019年に2階級特進で部長を通り越して、局次長になり、1年後の2020年に現在の役職になったそうです。

 

安住紳一郎さんの年収は?

2階級特進など、異例の速さで出世を続けている安住紳一郎さんですが、そうなると気になるのは年収ですよね。

局アナでは最も年収が高いと言われている安住紳一郎さん。

その年収は1億円にもなるのではないかと言われています。

元TBSアナウンサーの安東弘樹さんが以前テレビで、30〜40代で1500〜2000万円くらいだったと明かしていますから、その破格な年収がわかるでしょう。

 

そもそも局アナの年収ってどれくらい?

ここまでTBSの安住紳一郎さんの年収について見てきましたが、そもそもテレビ局に所属しているアナウンサーの年収とはどれくらいなのでしょうか。

キー局(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)、地方テレビ局、NHK、フリーアナウンサーで比較してみると、次のようになります。

  • キー局:1,000万円〜2,000万円
  • 地方局:500〜700万円
  • NHK:600〜700万円程度
  • フリーアナウンサー:2,000万円超

もちろん、人気アナウンサーであればもっと高いでしょうし、フリーアナウンサーともなれば億単位での年収を得ている方もたくさんいるでしょうからこれは一例に過ぎませんが、それでもフリーアナウンサーになった方がより多くの収入が得られるということでしょう。

そもそも局アナとして人気、実力ともに身についた方がフリーになるパターンが多いですから、年収が高くなるのも必然かもしれませんね。

 

フリーにならない理由は?

一部の週刊誌などでは、安住紳一郎さんであればフリーのアナウンサーになれば年収5億円ほどになるのでは?という報道もされています。

さすがにそこまで多くはならなくとも、現在よりも格段に年収が上がるのは確かでしょう。

そんな実力と人気の両方を兼ね備えた安住紳一郎さんですから、TBSも必死に引き止めているという情報もあります。

さらに、やりたい仕事を選べるような条件も提示しているようで、これによって

  • 高収入
  • 安定
  • やりたい仕事を選べる

といった局アナとフリーのいいとこ取りのような条件で働いているのだとか。

これがフリーにならない理由なのかもしれません。

 

安住紳一郎さんのアナウンサーとしてすごいポイントは?

その正確で聞き取りやすいアナウンス技術が高評価な安住紳一郎さん。

しかし、安住紳一郎さんのすごいところはそれだけではありません。

大御所の俳優さんや歌手などの芸能人の方でも、若い芸能人の方でも、どんな方が相手でも穏やかな空気を作り、たくさん会話が続けられるところが高評価の大きな理由でしょう。

常に「です・ます」調で丁寧に会話を続けていく安住紳一郎さん。

時に聞きにくいようなことでも、その丁寧な口調と穏やかな話し方できまいずい雰囲気にする事なく相手の話を引き出していくそのやりとりは番組を見ていても引き込まれてしまいます。

そんな高い話術とアナウンス技術が安住紳一郎さんの人気の原因の一つでもあるのでしょう。

 

ツイッターの声

 

 

 

トークが上手い、アナウンス技術がすごい、といった高評価のツイートが多く見られました。

朝の番組での安住紳一郎さんの様子に関するツイートが多く見られ、たくさんの人が関心を寄せる、人気のアナウンサーであることがよくわかりました。

 

まとめ

さて、ここまで安住紳一郎さんのTBSアナウンス部局長待遇というのは本当か、その年収やフリーにならない理由について調べてきました。

調べた限り、確かに局長待遇となっており、その年収は1億円を超える程。

これだけの高収入かつ、やりたい仕事を選べるなど、TBSから相当いい条件を提示されているのではないか、ということがわかってきました。

確実な技術と人気を得てきた安住紳一郎さんだからこそ、得られた待遇なのでしょう。

10月から安住紳一郎さんの朝の番組も始まりました。

この番組がうまくいけばTBSの役員になるのではないかとも言われているようですから、まだまだこれからも安住紳一郎さんの活躍から目が離せないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました