吉高由里子の演技はうまい?下手?出演作の評判やツイッターの声を調査!

吉高由里子の演技はうまい?下手?出演作の評判やツイッターの声を調査! エンタメ
Pocket

吉高由里子さんといえば、朝ドラの主演も務められ、その認知度は世代を超えてとても高いですよね。

そんな吉高由里子さんですが、本当に演技うまいの?という点が疑問として挙げられます。

というのも、たくさんの作品に出演されているのだから、当然演技の評価は高いはず!と思いきや、多くの酷評も見られ、評価が破れる女優さんのようです。

そこで今回は、どんな作品に出演されているのか、その出演作の評判やツイッターの声まで大調査。

では早速、見ていきましょう!

吉高由里子の演技はうまい?下手?

2021年10月15日に放送開始したTBSの金曜ドラマ「最愛」。TBSの金曜ドラマで初の主演を務められています。

これまでに吉高由里子さんは、恋するヒロインの役から、影がある役、OL役など、さまざまな役に挑戦されています。

ですが、冒頭でもお伝えした通り、吉高由里子さんの演技は、SNS上でもうまいという人と下手だという人の両方がいらっしゃるようですので、今回はしっかり見ていきたいと思います。

 

吉高由里子のプロフィール

  • 生年月日:1988年7月22日
  • 出身地:東京
  • デビュー作:2006年 映画「紀子の食卓」
  • デビューのきっかけ:高校1年生の際に原宿でスカウトされた。

デビュー作の映画「紀子の食卓」では、第28回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞 受賞。

そのほかにも日本アカデミー賞新人俳優賞やブルーリボン賞新人賞など、たくさんの賞を受賞されています。

 

吉高由里子の評判は?

演技がうまい、という評価と下手、という評価の両方が混在しているようですね。

演技がうまい、という評価の中には、迫真の演技が良かった、目の演技が良かった、など、その演技力の高さを認めるといった評価が数多く見られました。

また、哀しい演技も上手く、悲しみを背負っている役や別れのシーンなどもバッチリのようですね。

その逆に、吉高由里子さんは少し滑舌が悪いところがある点や、セリフが棒読みである、感情が足りないといった評価も見受けられました。

 

最近の出演作からツイッターまで大調査!

吉高由里子の最近の主な出演作をまとめてみました。

【ドラマ】

  • NTV「東京タラレバ娘」(2017年)
  • NTV「正義のセ」(2018年)
  • TBS「わたし、定時で帰ります。」(2019年)
  • NTV「知らなくていいコト」(2020年)
  • TBS「危険なビーナス」(2020年)
  • TBS「最愛」(2021年)

【映画】

  • 「ユリゴコロ」(2017年)
  • 「検察側の罪人」(2018年)
  • 「きみの瞳が問いかけている」(2020年)

毎年たくさんの作品に出演されているようですね。

間を開けずに毎年多くの作品に出演されているということは、それだけ評価されているということではないでしょうか。

 

ツイッターの声

 

 

 

 

 

まとめ

さて、ここまで吉高由里子さんについてみてきました。

その演技力は、吉高由里子さんがたくさんの作品に出演されていることで裏打ちされていると考えていいでしょう。

少々演技の中で棒読みのようになってしまうことがあり、それが下手だという評価のにつながってしまったようですね。

出演作品が多いということは、その演技に一定の評価がされているということ。

今後の活躍をお祈りいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました