元ドリフターズ荒井注脱退の理由はなぜ?メンバーとの不仲が原因?

元ドリフターズ荒井注脱退の理由はなぜ?メンバーとの不仲が原因? エンタメ
Pocket

お茶の間の人気番組『8時だよ、全員集合』といえば志村けんさんもメンバデーあった、『ザ・ドリフターズ』(以下、ドリフ)ですが、荒井注(あらい ちゅう)さんという方がメンバーだったこと、ご存知でしょうか。

荒井 注さんは、1974年に当時絶大な人気だったドリフを脱退されました。

この原因として、当時はメンバーとの不仲やギャラの問題など、ファンの間でさまざまな憶測がありましたが、実際には何が脱退の理由だったのでしょうか。

あんなに面白おかしくお茶の間を笑わせていたドリフのメンバーと不仲だったなんて信じたくないのが本音ですよね。

そこで、今回は荒井注さんのドリフ脱退の理由やメンバーと不仲だったという噂は本当なのか、調査して行きたいと思います!

 

元ドリフターズ荒井注脱退の理由はなぜ?

まず、そもそも荒井注さんのドリフ脱退の理由は、「体力の限界」が理由だったそうです。

しかし、当時の番組関係者の話では、いかりやさんのワンマンが嫌になった、ギャラの配分が不平等だった、という話もあったようです。

それでも、辞める時にはすぐに辞めるのではなく、自分の代わりにドリフに入る志村けんさんと一緒にしばらく舞台に立ち、様子を見てから脱退されたそうです。

そもそも、荒井注さんがドリフを脱退されたのは1974年で、当時荒井注さんは45歳。

メンバーだった加藤茶さんや志村けんさんは15歳以上年下でしたから、体力的に辛かったのは確かでしょう。

 

ドリフのネタってそんなにきつかったの?

ドリフのネタといえば、TBSの「8時だョ!全員集合」が有名です。

毎回舞台の生放送で、舞台の上でドリフのメンバーが芝居仕立てのネタをする。

舞台では大掛かりな舞台装置を使ったり、頭の上にタライが落ちてきたり、メンバーが滑って転んで笑いを取るなど体を張った豪快なオチとドリフのメンバーの体当たりなネタがウリでした。

時には出演者の負傷などのアクシデントもあったそうですよ。

生放送で体を張ったネタが視聴者にウケていたそうですが、歳を重ねるごとに続けるのが難しかったのは事実でしょうね。

 

荒井注さんのドリフ脱退&芸能界引退後は?

荒井注さんはドリフ脱退&芸能界引退時に、「釣りをしてゆっくり過ごしたい。」と話されていたそうですが、脱退からわずか半年後にテレビドラマ「時間ですよ・昭和元年」で復帰を果たします。

芸能界に復帰した後は土曜ワイド劇場などのドラマに出演され、俳優として活躍されました。

また、ドリフの「8時だョ!全員集合」の最終回にも出演されるなど、お笑いと俳優、どちらも大切にされていたようです。

晩年は静岡県伊東市に移住され、カラオケボックスの経営に挑戦。

建物を建てて、いざカラオケの機材を搬入しようとしたところ、設計ミスで機材が入らず、結局経営は断念されたそうです。

ちなみに、まだその建物は現存しているそうですよ。

 

荒井注脱退理由はメンバーとの不仲が原因?

確かに、先ほどもお話ししました通り、いかりや長介さんにワンマンな一面があったことは確かなようですね。

「8時だョ!全員集合」のネタ打ち合わせでも、いかりや長介さんが納得しないとネタは決まらず、決まるまでずっと打ち合わせが続けられたそうです。

しかし、「8時だョ!全員集合」の最終回に参加されたり、ドリフのメンバーとのフジフイルムのCMにも参加&共演されていることから、仲は悪くなかったのではないかと思われます。

富士フイルムのCM撮影の時には荒井注さんは肝硬変を患われていたとのことですが、その治療を受けながらも撮影に参加し、メンバーとの再会を喜んでいたそうですよ。

 

ドリフのメンバーの不仲説の原因は?

では、なぜ不仲説が噂されるようになったのでしょうか。

また、ネタ決めから演出までいかりや長介さんが決定されていたため、ギャラに差があったことも確かなようです。

ドリフは元々、渡辺プロダクションに所属していましたが、1979年に当時のマネージャーが設立したイザワオフィスに移籍しました。

この頃から、ドリフのギャラをいかりや長介さんがまとめるようになり、その取り分で不満が出てしまったようです。

しかし、メンバーが高齢化するにつれてその不満も言われなくなり、しこりとして後に残るようなことはなかったようですよ。

 

ツイッターの声

 

 

 

 

 

ツイッターでも、ドリフのメンバーと言えば荒井注も入っている、というコメントが多くみられました。

脱退してしまったものの、そのお茶の間の笑いはずっと心に残っているんですね。

 

まとめ

さて、ここまで元ドリフターズのメンバー、荒井注さんについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

昭和のお笑いとして有名なドリフターズ。

有名だからこそ、脱退したメンバーがいるとメンバーの不仲説が噂されたのでしょう。

しかし、メンバーにはしっかりとした絆があり、だからこそそんなにも面白いコントができたのだと感じました。

晩年は事業経営がうまくいかなかったり、肝硬変を患われるなど大変なこともあったようですが、それでもドリフのメンバーとの友情は続いていたようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました